スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PS3] Demon's Souls(デモンズソウル) [レビュー]




今回レビューするのはPS3の大人気アクションゲーム、「デモンズソウル」。

発売から3年が経った今でも、多くのファンを生み出しているPS3屈指の名作です。


このソフトの開発はPS2の名作RPG「キングスフィールド」を手がけたフロム・ソフトウェア。
キングスフィールドシリーズが好きな人なら「ひょっとしてフロムならやってくれるか?」という淡い期待を持ったことでしょう。

その期待を裏切ることなく、見事に後世に名を残すゲームを作ってくれました。

「キングスフィールド」の3Dフィールドの完成度とゲーム全体の雰囲気はそのままに、グラフィックを大幅に強化した作品がこのデモンズソウルと言っても過言ではないかも知れません。


日本ゲーム大賞2009「優秀賞」、ファミ通アワード2009「優秀賞」、CEDEC AWARDS2010「ゲームデザイン部門最優秀賞」、PlayStation Awards2010「ユーザーズチョイス賞」等、数々の賞を総なめにしてきた作品の魅力を存分に紹介します。



引き込まれる世界観
北の大国ボーレタリアを訪れたプレイヤーは、各地に出現したデーモンを倒すための旅に出る。

次々と襲い掛かるかつての王国戦士や不死者たちを前に生き残ることができるのか。
そして最後のデーモンを倒したときにあなたが出す答えとは。


デモンズソウルは、システムも去ることながら、世界観、ストーリー、そして敵とのバトル調整など、あらゆる面で最高レベルのゲームソフトに仕上がっている。

そして、シナオリや音楽、演出など、一つ一つのクオリティが高いだけでなく、それらは統一した哲学を持っていて決してブレることはない。

この辺りの一環とした雰囲気作りが根強いファンを獲得した秘訣なのかもしれない。


YouTube [Demon's Souls(デモンズソウルズ) Turtorial gameplay]



巧みなフィールド造形
これまでに、デモンズソウルほどすばらしい3Dマップを見たことがない。
もはやゲームをするための舞台というよりは、世界遺産に指定されている建築物や一つの町と表現した方がしっくりくる。

フィールドごとの雰囲気の出し方、仕掛けや罠、モンスターの配置など、どれをとっても開発者の狙いが見えてくる。


キャラクター育成の奥深さ
デモンズソウルのキャラクター育成方法は、ポイント振り分けでの能力UP形式になっている。
戦士に育てるのも、魔法使いに育てるのもプレイヤーの自由。

育成方法によって敵との戦い方は様変わりするが、どれも面白いので困る。


オンラインバトル・協力プレイが熱い
キャラクター育成で鍛えた個性あるキャラクターをオンライン対人バトルすることができる。

この対人プレイは、単純だがとても戦略性のあるものになっていて、フィールドの地形を利用しながら熱い攻防が繰り広げられる。

また、対人バトル以外にも協力プレイがあり、どうしてもクリアできないステージに応援を呼ぶこともできる。
協力と対戦、この2つの楽しみを同じキャラクターでできるというのも良いシステムだ。


デモンズソウルにしか出せない世界観
デモンズソウルの世界観に陶酔する人は多いだろう。

その独特の世界観は、この世界から逃げたい気持ちと留まりたい気持ち、相反する矛盾した怖さを感じさせてくれる。
生と死、孤独と温もりを感じることができる。


プレイヤーは基本的に一人で行動できるが、時に対戦、時に協力と人肌を感じることもできる。

ネット回線につなげば、そこは次元軸の異なる一つの世界である。

プレイヤーは異世界の友人にメッセージを書いてヒントを送ったり、他人の死亡シーンをみたりすることができ、孤独の中にも世界のどこかで同じようなプレイヤーがいるのだ、という小さな温もりを感じることができるだろう。

そして、各ステージからマイホームである楔の神殿に帰って来たとき、心からホッとしている自分に気づく。

この「ホッ」こそがデモンズソウルの真の安堵である。
続編の「ダークソウル」にはこの安堵感が少なかったのが残念だ。


やりこみOK、周回OK、タイムアタックOK、対人OKと様々なタイプのユーザーの心を掴むことができる非常に贅沢なゲームだ。

「ソウル体生活も長くなった・・・」


そう嘆く一方で、この世界に留まることをどこか期待している、「デモンズソウル」。
歴史に残るゲームです。



タイトル:Demon's Souls(デモンズソウル)
ハード:PS3
ジャンル:アクションRPG
開発元:フロム・ソフトウェア
発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:2009年2月5日
ホームページ:http://www.jp.playstation.com/scej/title/demons-souls/

  

*こんな人にオススメ*
○3Dフィールド探索型のRPGがやりたい
○フロム信者
○M属性の方
○雰囲気の良いゲームをやってみたい
○評価の高いゲームをプレイしてみたい
○やりこみ甲斐のあるゲームをしたい
○RPGでタイムアタックをしてみたい
○RPGでオンライン対戦をしてみたい



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

楽天フィギュアランキング
Amazon人気商品
スポンサード リンク
カテゴリ
最新レビュー
最新コメント
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    ペケペケ(06/03)
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    すしまる(06/02)
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    多田之屑(06/01)
  • リンクについて
    ペケペケ(05/31)
月別アーカイブ
朧村正応援バナー
Wii『朧村正』応援バナー 百姫
ペケペケゲームレビュー・阿は朧村正を応援しています!

  • 朧村正のレビューはこちら
  • 朧村正音楽集のレビューはこちら
  • 百姫フィギュアのレビューはこちら
  • 朧村正記事一覧はこちら

 
リンク
管理人:ペケペケ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。