スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Wii] ゼノブレイド [レビュー]




今回は現在Wiiの中で最も、そして全RPGの中でものすばらしい完成度と評判が高い「ゼノブレイド」をレビュー。

個人的にもゼノブレイドのおもしろさは想像以上でした。

プレイ直後に感じたシステム面での感動に始まり、中盤におけるストーリの展開のうまさ、後半での充実感は他RPGに比べ郡を抜いていると感じました。

今までやってきた多くのRPGの中でも、ゼノブレイドは忘れることのできない作品です。



冒険を教えてくれるRPG
RPGの面白さとは何か?

・戦闘すること
・レベルを上げて強くなること
・ストーリーを楽しむこと
・魅力的なキャラクターに出会うこと
・斬新なシステムを楽しむこと

等々、期待することは多いが、やはりRPGの原点は「冒険すること」だと思う。


ゼノブレイドはRPGが持つ「冒険すること」の普遍的な面白さを、忠実に高め昇華させたRPGの優等生である。

広大なフィールドを歩くだけで心が躍り、数分後には景色を変え、新しい光を見せてくれる。
大地を闊歩する大小のモンスター。世界観にぐっと深みを持たせるフィールドミュージック。
常に時は流れ、日は落ち、月は昇り、風が吹き、雨に濡れる。

それはまるで、ゼノブレイドという名の新しい地球を歩くかのようだ。


RPG初期の「ウィザードリィ」や「ドラゴンクエスト」が持っていた、未知の地を踏破する魅力。
それを純粋に進化させるとゼノブレイドのようなアドベンチャーになるのだろう。

男の子が純粋に持っている好奇心をこれでもかと刺激してくれる。


システム面でも挑戦を見せたRPG
フィールド上を歩くシンボルモンスターに触れると、そのままシームレスに戦闘に移る。

戦闘中でもフィールドと同じように動くことができ、敵の背後や側面に周り、クリティカルを狙うことができる。

通常攻撃は数秒ごとのオートアタックになるが、プレイヤーの独自のタイミングでアーツという必殺技や魔法に似たコマンドを発動することができ、戦略をコントロールしていく。

最初は戦闘展開が速く、アーツの選択に焦るのだが、慣れてくるとアーツ選択にも自分の個性が出せ、感覚的に操作することが非常に面白い。


また、プレイヤーは操作するキャラクターを仲間の中から選択することができるのだが、仲間によってアーツの種類や特性がガラリと変わるため、操作キャラクターを変更するたびに新鮮なバトルになることだろう。

ストレスを感じない戦闘もこのアーツシステムと、フィールドからシームレスに戦闘に移行することが大きい要因だと思う。


YouTube [Xenoblade ゼノブレイド 紹介映像 Latest Trailer]



オンラインゲームのような魅力を持つRPG
ゼノブレイドの世界に浸っているとふと、オンラインゲームだったっけ?と錯覚することがある。

それは、この世界に時間があり、天候があり、そして住人が生きていることを感じるからだ。

ゼノブレイドの住人は個々に生活リズムを持っており、「オブリビオン」の住人のように起きて寝て、徘徊をする。
時間帯によっては会えなかったり、メインストーリーとはまったく関係のない自分勝手な依頼をしてきたり、メインストーリー以外でも住人と接する機会が非常に多い。

そして多くの住人が世界の危機とは無関係な個人的な依頼(おつかいイベント)をしてくる。

依頼は量が膨大なため、ゼノブレイドのストーリーを最速で満喫したいのなら、後回しにするのが望ましいが、この多彩な住人との会話もゼノブレイドの世界観の構築に一役買っているため、なんとももどかしいところだ。

気づくと住人キャラの名前を覚えてしまっていたりする。気づくと住人同士の人間関係にニヤニヤしている。
そして当然のようにメインストーリーが進まない。けれども、「それでも良い」と思ってしまったときに、オンラインゲームらしさを感じるのだ。


小説のようなストーリー展開を見せるRPG
ゼノブレイドをプレイして30分、まずその面白さに気づくことだろう。
慣れてくるとマップの広大さや、クエストの多さ、ジェムクラフトの複雑さといったボリュームの多さに戸惑う。

しかし、その頃に見え始めるストーリー展開のうまさが抜群だ。

ゼノブレイドが最後まで飽きることがないのは、「この先どうなるんだろう?」という好奇心や期待感が尽きることがなく、むしろ上がり続けていくからなのだろう。

最後の最後の最後まで、真実が明かされることのない見ごたえのある展開に大満足だ。


美しいムービーと真新しいシステムで差別化を図るゲームが多い昨今、ゼノブレイドのようなゲームの本質を追及した作品こそ本当に評価されるべきなのかもしれない。


今後のRPGを評価する上で一つの比較対象になるゲーム、「ゼノブレイド」。
RPGが好きな人なら絶対にやるべきです。



タイトル:ゼノブレイド
ハード:Wii
ジャンル:RPG
開発元:モノリスソフト
発売元:任天堂
発売日:2010年6月10日
ホームページ:http://www.nintendo.co.jp/wii/sx4j/

  

*こんな人にオススメ*
○正統派RPGを存分に楽しみたい
○RPGの世界にどっぷりつかりたい
○広大な世界を冒険したい
○新しい戦闘システムのRPGがやりたい
○小説のようなストーリーを楽しみたい



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

楽天フィギュアランキング
Amazon人気商品
スポンサード リンク
カテゴリ
最新レビュー
最新コメント
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    ペケペケ(06/03)
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    すしまる(06/02)
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    多田之屑(06/01)
  • リンクについて
    ペケペケ(05/31)
月別アーカイブ
朧村正応援バナー
Wii『朧村正』応援バナー 百姫
ペケペケゲームレビュー・阿は朧村正を応援しています!

  • 朧村正のレビューはこちら
  • 朧村正音楽集のレビューはこちら
  • 百姫フィギュアのレビューはこちら
  • 朧村正記事一覧はこちら

 
リンク
管理人:ペケペケ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。