スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[GC] エターナルダークネス 招かれた13人 [レビュー]




ホラーゲーム。

怖い、暗い、グロテスク、狂気、殺人…。
そんなホラーゲームを挙げるとすれば、「バイオハザード」や「サイレントヒル」、「かまいたちの夜」等が有名だろう。


けれども、本当に怖いのは「エターナルダークネス」なのかも知れない…。


今回レビューするゲームはニンテンドーゲームキューブの「エターナルダークネス 招かれた13人」。

決してメジャーなタイトルではありませんが、ゲームキューブ屈指の名作とされ、今なお多くのファンに愛されているホラーアドベンチャーゲーム。


今でこそネットユーザーの間で正気度を表す「SAN値」なる言葉が使われる現代。

エターナルダークネスもそんなSAN値をガリガリ下げてくれます。



エターナルダークネスのシステムとは?
エターナルダークネスは、3Dマップの中を主人公を動かして敵を倒し、謎を解くゲームシステムだ。

これのシステム「バイオハザード」等と似ているシステムのため、「バイオハザード」が好きな人であれば、全く違和感なく入り込めるだろう。


「バイオハザード」における恐怖とは?
「バイオハザード」における恐怖とは、主に2つある。

それは、「生への執着」と「驚き」だ。


前者は主人公が当然強敵に襲われたり、数多くの敵に囲まれたりした際に死を意識する恐怖で、生物が持つ「死にたくない」というものを表している。

映画における登場人物が死ぬこととはまた別に、実際に自分が動かしている主人公の死=自分の死と重ねて恐怖が倍増する。


また、後者は、静かな回廊で突然ガラスが割れたりした際にビックリする恐怖だ。

これは、その驚き自体への恐怖と、再びそのような思いをするのでは、という「不安」への恐怖があり、映画等でもおなじみの演出である。


エターナルダークネスにおける恐怖とは?
エターナルダークネスでは、そのような恐怖の他にもう一つの特別な恐怖がある。

それは幻覚による恐怖だ。


エターナルダークネスに登場する敵キャラは体力を奪う物理的な攻撃以外に、精神的な攻撃をしかけてくる。

主人公は精神的な攻撃を受けると精神力が減っていき、ゲーム内において様々な怪現象が引き起こされるのだ。


「サニティ・システム」と呼ばれるこの幻覚効果にはこのようなものがある。


・ぐらぐらと画面が傾く、急に天地が逆になる
・天井から血が滴り落ちてくる
・ゲームとは全く関係ない少女の悲鳴が聞こえてくる
・急にタイトル画面に戻る
・テレビ画面が突然消える
回復魔法を使ったはずが、体がバラバラになって死ぬ
・扉が開かなくなる
・いないはずのものがいる
セーブしたはずが、セーブデータが消失する


などなど数えたらきりがない。
幻覚はあくまで幻覚で、タイトル画面に戻ったとしてもすぐに元のゲーム画面に戻れる。

けれども、その一瞬の「えっ?」という不安は、まさしく精神攻撃だ。


YouTube [Eternal Darkness: Sanity's Requiem Trailer]


YouTube [Eternal Darkness Sanity Effects Part 1]



恐怖の世界を構築するストーリーとは?
エターナルダークネスのストーリーはとても良くできている。

物語はエターナルダークネスの書を手にするところから始まる。

このエターナルダークネスの物語りを紐解き、そこに書かれた人物の人生を回想しながら、2000年の歴史を12人の主人公で攻略していく。


序盤に3種類の選択肢があり、どれを選ぶかで敵の強さや攻略方法などが変わる仕掛けがある。

エンディングもマルチエンディングとなっていて、真のエンディングを見るには引継ぎをしながら3周する必要があり、非常にボリュームがある。


メニュー画面の操作性等に若干改善すべき点はあるが、そのストーリーとサニティ・システム、世界観を堪能するには十分。


12人の主人公のそれぞれの生き様、そして招かれた13人。

13人目が誰なのか解き明かしてみてほしい、「エターナルダークネス 招かれた13人」。
あなたのSAN値は大丈夫?



タイトル:エターナルダークネス 招かれた13人
ハード:ニンテンドーゲームキューブ
ジャンル:サイコアドベンチャー
開発元:シリコンナイツ
発売元:任天堂
発売日:2002年10月25日
ホームページ:http://www.nintendo.co.jp/ngc/gedj/

  

*こんな人にオススメ*
○ホラーが三度の飯より大好き
○バイオハザードシリーズが好き
○サニティ・システムにめっちゃ興味ある

この記事へのコメント

ホラー - うぇるど - 2010年04月25日 01:46:50

ペケペケ さん、こんばんは。
「ゲームのある日々」の うぇるど です。

ホラーって良いですよね~w
最近ホラー映画にハマっていますw

ホラーゲームといえば「バイオ」と「サイレン」が大好きなのですが、
このゲームは全く知りませんでした・・・。
記事を読む限り、かなり斬新なシステムも取り入れているようで、
とてもプレイしたくなりましたw
正直、ゲームキューブにはあまりメジャーなタイトルがないので、
隠れた名作も多いような気がしますね。

- ペケペケ - 2010年04月26日 01:03:37

うぇるどさんコメントありがとうございました。
ゲームキューブは実は隠れた名作が多いです。当時はプレステのシェアが強くて完全に埋もれてしまいましたが…。
さすがは任天堂ですかね。
エターナルダークネスもオススメですよ。

- げいむすきお - 2010年04月26日 22:42:38

こんばんは。
エターナルダークネス本当に面白いですよね。
幻覚を見るのがキャラクターでなくてプレイヤーだったり、
三すくみを外れる邪神が一体いたりすることが、
しっかり伏線になっているのが上手いと思いました。

ただ、色が違うだけで他は変わりのないムービーを
飛ばせないのは辟易しました。
もうこれ3度目だよー、と(笑)

- ペケペケ - 2010年04月27日 00:52:54

げいむすきおさん、コメントありがとうございます。
伏線やストーリーは良かったですねぇ。
あえて言うならば3種類の選択をした後、もう少しストーリーの分岐があれば、、、でしょうか。
「もうこれ3度目だよー」と言ってくれる周回ユーザーはありがたいと思います(笑)。

トラックバック

URL :

楽天フィギュアランキング
Amazon人気商品
スポンサード リンク
カテゴリ
最新レビュー
最新コメント
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    ペケペケ(06/03)
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    すしまる(06/02)
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    多田之屑(06/01)
  • リンクについて
    ペケペケ(05/31)
月別アーカイブ
朧村正応援バナー
Wii『朧村正』応援バナー 百姫
ペケペケゲームレビュー・阿は朧村正を応援しています!

  • 朧村正のレビューはこちら
  • 朧村正音楽集のレビューはこちら
  • 百姫フィギュアのレビューはこちら
  • 朧村正記事一覧はこちら

 
リンク
管理人:ペケペケ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。