スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サントラ] ウィザードリィ外伝I 女王の受難 [レビュー]

sound_wiza1_01.jpg


1991年ゲームボーイで発売された「ウィザードリィ外伝I 女王の受難」。

「ゲームボーイでどこまでウィザードリィが表現できるのか?」

ウィザードリィのファンは誰もが心配をし、期待と不安が混ざった気持ちで発売を待ちました。

ところが箱を開けてみれば、絶妙なゲームバランスと、オリジナルに配慮しつつ新しい挑戦をみせたゲームシステムで、非常に完成度の高い作品となっていました。


また、当時のゲームボーイはユーザー層が非常に多岐にわたっていたので、ウィザードリィの新規ファンの獲得にも貢献した作品といえるでしょう。

中には「この作品こそがウィズの思い出だ」という方もいるかも知れませんね。

そんな、もう一つの原点であるウィザードリィ外伝のサウンド・トラックをレビューします。

スポンサーサイト

[サントラ] 組曲ウィザードリィIII ダイヤモンドの騎士 [レビュー]

sound_wiz3_01.jpg


引き続き、ウィザードリィのサウンド・トラックをレビューしていきましょう!

今回は、「組曲ウィザードリィIII ダイヤモンドの騎士」です。


このダイヤモンドの騎士は私が一番やりこんだウィザードリィで、初代ウィザードリィの良さをそのままに、迷宮の難易度を上げ、アイテムと敵モンスターの種類を増加、やりこみゲームとしてかなり出来のよいRPGでした。

UIもシリーズの中ではかなり良く、ゲームテンポのよさはピカイチでしょう。


そんなお気に入りのダイヤモンドの騎士がどのようにサウンド・トラックで生まれ変わるのか見ていきたいと思います。

[サントラ] 組曲ウィザードリィII リルガミンの遺産 [レビュー]

sound_wiz2_01.jpg


続いては、「組曲ウィザードリィII リルガミンの遺産」というサウンド・トラックをレビューしていきます。

もともとはアップル版の「ウィザードリィIII」が元となっている、ファミコン版ウィザードリィII。

その特徴は善と悪の両方のパーティーを作って、互いに協力しながら迷宮をクリアしていくものでした。

プレイ当時、結構このシステムが気に入って、善のパーティーと悪のパーティーそれぞれのメンバーを考えるのが楽しい時期でした。


ゲームとしては、「ウィザードリィI」や後発の「ウィザードリィIII ダイヤモンドの騎士」の方が長く遊べたため、そちらのファンが多いかも知れませんね。

個人的にはウィザードリィIの続編が出るということで、胸を高鳴らせていた思い出があります。

音楽は相変わらず素晴らしいので、これを機にもう一度聴いてみてください。

NEXT≫
楽天フィギュアランキング
Amazon人気商品
スポンサード リンク
カテゴリ
最新レビュー
最新コメント
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    ペケペケ(06/03)
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    すしまる(06/02)
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    多田之屑(06/01)
  • リンクについて
    ペケペケ(05/31)
月別アーカイブ
朧村正応援バナー
Wii『朧村正』応援バナー 百姫
ペケペケゲームレビュー・阿は朧村正を応援しています!

  • 朧村正のレビューはこちら
  • 朧村正音楽集のレビューはこちら
  • 百姫フィギュアのレビューはこちら
  • 朧村正記事一覧はこちら

 
リンク
管理人:ペケペケ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。