スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[GC] エターナルダークネス 招かれた13人 [レビュー]




ホラーゲーム。

怖い、暗い、グロテスク、狂気、殺人…。
そんなホラーゲームを挙げるとすれば、「バイオハザード」や「サイレントヒル」、「かまいたちの夜」等が有名だろう。


けれども、本当に怖いのは「エターナルダークネス」なのかも知れない…。


今回レビューするゲームはニンテンドーゲームキューブの「エターナルダークネス 招かれた13人」。

決してメジャーなタイトルではありませんが、ゲームキューブ屈指の名作とされ、今なお多くのファンに愛されているホラーアドベンチャーゲーム。


今でこそネットユーザーの間で正気度を表す「SAN値」なる言葉が使われる現代。

エターナルダークネスもそんなSAN値をガリガリ下げてくれます。

スポンサーサイト

[Xbox 360] The Elder Scrolls IV:オブリビオン [レビュー]




最高のRPGとは何か。

ある人は「ドラゴンクエスト」だと言い、
また、ある人は「ファイナルファンタジー」だと言う。

そして、ある人は「ウィザードリィ」を挙げ、
ある人は「ディアブロ」を挙げるだろう。

けれども、ある人は「オブリビオン」だと言う。


こんにちは、ペケペケです。

今回レビューするゲームはXbox 360とPS3で発売中の「The Elder Scrolls IV:オブリビオン(以下、「オブリビオン」)」です。

もともとは2006年にアメリカでWindows版、Xbox 360版で発売されたオブリビオン。

その後、日本でもXbox 360、PS3でそれぞれ発売され、大ヒットした超大作のRPGです。


オブリビオンは面白い、という言葉をよく耳にすると思いますが、その魅力や秘密をチェックしてみましょう。

[Wii] ロックマン10 宇宙からの脅威!! [レビュー]

ども、ペケペケです。

今回レビューするゲームはWiiの「ロックマン10 宇宙からの脅威!!」。

前回に続きロックマンなのだが、このロックマン10も相当面白いので合わせてレビューだ。
ゲームシステムや雰囲気は前作のロックマン9を踏襲していて、ファミコン調のビジュアル&サウンドを始めほぼ同じ作りになっている。

ロックマン9が言わば現代の技術でファミコン風ロックマンを作ればどうなるか、をもとに作り上げた集大成であるならば、ロックマン10はその集大成からさらに何を伸ばせるかに挑戦したカプコンの心意気が詰まっている作品だ。

一般的にはこのようなナンバリングのシリーズ作品では、新しい要素を入れ、「前回とは違うのだよ、前回とは」と言いたくなるのが開発側の本音だと思う。ロックマンシリーズでも、2から3になる際にロックマンにスライディングを覚えさせ、3から4ではチャージショットを使えるようにし、違いを見せてきた。現にそれは面白かったし、作り手も「ここが違うんですよ」と自信を持って言える部分だったと思う。

しかし、ロックマン10にはそれがない。ほぼ9のままである。
だからこそ、「面白いものは変える必要がない」という自信と受け取ることができた。







似たようなシリーズの後発物というカテゴリのロックマン10も例外ではなく、かゆいところに非常に手が届いたものになっていて嬉しい。

まずは、シリーズ初となる難易度選択。ロックマン9ではゲームクリアすると「ヒーローモード」という難しい難易度を選択することができたが、ロックマン10では最初からイージーモードが用意されている。敵が少なかったり、被ダメージが減少されたりとアクションが苦手な人にもとっつきやすくしてある。もちろん前作同様クリア後にはハードモードが用意されている。単純に敵が増えるというわけではなく、敵の移動スピードやボスの攻撃パターンが変化するなど、新しい試みも用意されていて、アクションが得意な人にもやり応えのあるものになっている。

また、今作は敵ボスに強力なものが多く、1対1のガチンコタイマンバトルが好きな人にはオススメしたい。特に特殊武器を使わないでノーダメでやっつけるなどという目標を立てた暁には1日ゲームを楽しめるだろう。

強すぎとも呼ばれたロックマン9の特殊武器だが、ロックマン10の特殊武器は適材適所という言葉がぴったりだ。どんな場面でもこれで安泰ではなく、この場面でこれを使い、こっちではこれ、と柔軟な発想をすることが大事だ。燃費もあまり良くない武器が多いので、使いどころをしっかりと把握していきたい。

前回追加コンテンツで使用可能だったブルースは最初から使えるようになっている。ジャンプ低い、足遅い、被ダメ2倍のスペランカー君だが、盾持ち、スライディング可、チャージショット可能というかなり上級者仕様のキャラクターだ。このキャラでハードモードをやり、泣いたプレイヤーは多い。

シリーズ初プレイの方には、どちらかというとバランスの良いロックマン9でも良いが、イージーモードがあるこのロックマン10もオススメしたい。9と10合わせてプレイしてみて欲しい。

カプコンのロックマンに対する想いを感じる「ロックマン10 宇宙からの脅威!!」。
絶対にオススメです。



タイトル:ロックマン10 宇宙からの脅威!!
ハード:Wii、PS3、Xbox 360
ジャンル:アクション
メーカー:カプコン
発売日:2010年3月9日(Wiiウェア、PlayStation Network)
発売日:2010年3月31日(Xbox LIVE アーケード)
ホームページ:http://www.capcom.co.jp/rockman/10/



*こんな人にオススメ*
○ロックマンシリーズが好きだ
○やっぱりゲームはレトロゲーでしょ
○ゲームはシンプルに楽しみたい
○高難易度のアクションゲームをしたい
○M属性の方
○ロックマン9が好きだった方

NEXT≫
楽天フィギュアランキング
Amazon人気商品
スポンサード リンク
カテゴリ
最新レビュー
最新コメント
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    ペケペケ(06/03)
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    すしまる(06/02)
  • [サントラ] 【イーカプコン限定】ロックカン サウンドE缶(ロックマン25周年記念) [レビュー]
    多田之屑(06/01)
  • リンクについて
    ペケペケ(05/31)
月別アーカイブ
朧村正応援バナー
Wii『朧村正』応援バナー 百姫
ペケペケゲームレビュー・阿は朧村正を応援しています!

  • 朧村正のレビューはこちら
  • 朧村正音楽集のレビューはこちら
  • 百姫フィギュアのレビューはこちら
  • 朧村正記事一覧はこちら

 
リンク
管理人:ペケペケ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。